2015年05月26日

【趣味】カメラの趣味って具体的には何するの?【始める】

レンズ交換式ミラーレス一眼を買って1年半ほど経過して、写真は仲間が大事な要素だと思った。
そこでカメラをこれから始めたいけど、実際にはどんなことをする趣味なのかを知りたい人にアドバイスになればと自分なりにまとめてみたいと思う。

趣味のカメラとしてもいろんなタイプ、ジャンルがある。
最近はフィルム式カメラはほとんど見かけないため、ここではレンズ交換式のデジタルカメラに限定する。

カメラ男子とカメラ女子
カメラを趣味にする人は多いが、男性と女性では興味を持つポイントが異なることがある。
男性はカメラ本体やレンズ、機材などをコレクションしたり、よりよいスペックのものを所有したいと感じたり、カメラのメカニズムなどに興味を持つことも多い。写真も教科書的にあるような芸術ポイント(構図、露出、色彩、ボケ)にこだわりを持っていることも多い。
一方、女性は男性のようなメカやスペックにはそれほどこだわりがなく、かわいいものをかわいく撮りたいという傾向が多いように思う。あるいは撮影にお出かけすること自体を楽しみにしている人も多い。出かけるときにおしゃれをしてみたり、楽しい体験をしたいという方も多いのではないだろうか。

趣味としてやること、楽しむこと
0.カメラ趣味の予算を組む
1.カメラ本体やレンズを選ぶ
2.カメラ本体やレンズ、アクセサリを購入する
3.写真撮影をする
4.写真を編集する
5.写真を見せる
大きく分けて上記のような工程を楽しむ。
0.カメラ趣味の予算を組む
最初につらいことだが、お金が大事になってくる。お店や雑誌でカメラの値段を見たことがある人はピンとくるかもしれないが、本体は入門機でも5万円前後する。後述するレンズやアクセサリを購入すると一つ数万円することも少なくない。入門機で練習するだけならとりあえず10万円程度はかかると思っておいた方がよい。ちなみにどのくらいの予算があれば満足かと問われるときりがない。いいものをそろえていくには数百万の世界になってしまうため、自分なりに予算をある程度決めて楽しむとよい。
1.カメラ本体やレンズを選ぶ
IMG_0602.jpg
まずはどのメーカーのカメラやレンズを選ぶかというポイントがある。原則、本体とレンズは同一メーカーの同一タイプのものしか装着できない。このため、あるメーカーの本体を買うと、なかなか他のメーカーに乗り換えができなくなる。なので、メーカーごとの特徴をつかんでおく必要があるし、そうした知識を蓄えることも楽しみの一つだったりする。
2.カメラ本体やレンズ、アクセサリを購入する
DSC00552.jpg
メーカーなどを選んだら、本体とレンズを購入することになる。初めてカメラを購入するときは本体とレンズがセットになったモデルを買う方が心配は少ない。しかし、一般に本体とセットになっているレンズ(通称キットレンズ)はほどほどの写りしかしない。このため、いずれは写りが優れた高級レンズなどを買い足すことになる。また、撮影の幅を広げるために望遠レンズやマクロレンズなどをそろえることになる。加えて、フラッシュを購入したり、三脚やフィルターなどを購入して撮影の幅を広げていく。こうした機材をそろえることも一つの楽しみとなる。
3.写真撮影をする
自分の部屋でもいいし、どこかへ出かけてでもいい。何かしらカメラを構えてシャッターボタンを押すだけでとりあえず写真は撮れる。もちろんきれいな写真が撮れれば楽しいことはいうまでもない。上達のためには数を撮って振り返りやテクニックを勉強することを繰り返す必要がある。
4.写真を編集する
デジタルカメラで撮った写真は高級機であればそれだけできれいな写真になっていることも多いが、失敗気味の写真をオッケー写真に変えたり、より印象的な写真にするために編集を行うことがある。トリミングや明るさ、色温度の補正などを行う。カメラには専用のソフトウェアが付属する場合が多いが、フォトショップなどの編集ソフトを使う場合もある。
5.写真を見せる
パソコンやスマホ・タブレットなどに保存し画面で見る、自宅のプリンターやお店でプリントする、ネットで公開するなどの見せ方がある。特に最近はタブレットが一つあれば昔のフォトアルバムの代わりを果たすことができ、大変に便利。プリントアウトした場合は集団でワイワイ見せ合うのに適しているし、高年齢層などのデジタル機器を使いこなせない方々でも楽しめる。ネットでの公開はフェイスブックやツイッターなどのSNSやブログなどで公開があり、遠方の人や不特定多数の人との交流に便利だ。

上記のような体験を通じて、仲間とあれやこれやとカメラや写真の話をしたり、次に何を撮るかという話で盛り上がれる。

趣味としてのカメラの特徴
カメラを趣味にした際のいいところは、スピードや体力を要求されないことと、他の趣味と相性が良いことだ。
スポーツ写真や山岳写真などタイミングや出かけることに体力を使う場面もあるが、そうしたものはごく一部なので、事前に準備をしたうえで一般にはじっくり対象を撮影することができる。体力に自信がなくても続けられるメリットは大きい。また、花を撮影することとガーデニングであったり、風景撮影と旅行であったり、料理写真と自炊料理や食べ歩きなど他の趣味と組み合わせることで楽しみが増えることもある。

上記のような特徴があるため、比較的時間に余裕がある方にお勧めできる趣味だといえる。
タグ:デジカメ
posted by SKY at 21:24| Comment(0) | デジカメ

2015年05月13日

【SONY α NEX-5T】SEL30M35でマクロ撮影してみた

SONYのNEX-5T用にマクロレンズを追加購入した。
購入は3月ごろだったと思う。
EマウントのAPS-C用レンズとしてはSEL30M35しかマクロレンズは用意されていない。
春は花が咲く季節でもあり、そうした草花を撮ることと、季節とは別にテーブルフォトをがんばろうという目標もあり、マクロレンズ購入に至った。

写りの評価だが、SEL30M35自体は発売からかなり日が経っており、様々なレビューサイトがあるため、説明は割愛する。
結論から言って、マクロ撮影には威力を発揮するものの、一般撮影は平均的な写りだった。
焦点距離は30mmであり、45mm相当の標準画角となる。となると、単焦点の標準レンズとして使えるのでは?という期待をするのが常だが、数メートルの撮影距離での写りの良さを求めるなら過度な期待は禁物である。
どことなく透明感が出ないし、近距離を除くと強い背景ボケも得にくい。
絶対に使えないとは言わないが、マクロ以外での性能はどうしても満足いく結果にはならなかった。
マクロ撮影ではこれといって不満はなく、レンズ目前まで被写体に寄って撮影できるため、近距離撮影で困ることは全くない。

買って試しに撮影したイチゴ。
とりあえず部屋が暗かったので絞り開放で撮影した。
近距離での撮影になればなるほど被写界深度が浅くなり、数センチ先でもぼけてしまう。
DSC03464.JPG
このため、マクロ撮影時は絞りを絞って被写界深度を稼ぐ必要があるのだが、このときはそこまで気が回らず。

風景撮影に出かけ、春の梅を撮影した。
プログラムオートでの撮影だったため、比較的シャープな写りとなっている。
DSC03564.JPG
花びらに寄って撮影も試してみた。これまでのレンズより格段に寄ることができる。
DSC03648.JPG
こちらもプログラムオートだったため、ある程度絞られている。
そのため、背景の丸ボケがやや硬い印象を受ける。

テーブルフォトの練習で作った料理を撮影。
今回はマニュアル露出でかなり絞って撮影した。
DSC03831.JPG
絞った分シャッタースピードが遅くなるが、このレンズは手振れ補正を内蔵していない。
このため、ミニ三脚を使用して撮影している。
手前から奥までしっかり写すことができている。
DSC04108.JPG
グラタン皿になるとさすがに手前と奥ではピントが合わない部分も出てきた。

これまでのレンズでは近づいて撮影が不可能だったため、こうした写真に関してはこのレンズ一択となる。
風景撮影などについては、必ずしもこのレンズを選択する必要はないと感じた。
まだ購入していないが、写りの良さやきれいな背景ボケを求めるならSEL35F18があり、こちらは開放F値は1.8であり、手振れ補正も搭載している。
SEL30M35を選択する場合は、マクロ撮影をするかどうかが選択の決め手となりそうだ。

 
タグ:デジカメ
posted by SKY at 22:18| Comment(0) | デジカメ

2015年02月22日

【SONY α NEX-5T】交換レンズ作例一覧【APS-C限定】

カメラ(NEX-5T)を購入して1年少々が経過した。
これまでうんちくめいたことは散々書いてきたので、今回はこれまで撮影してきた写真の話をしようと思う。
この記事を読む人は、これからカメラを買おうと考えている人、既にカメラを持っていて交換レンズの購入に悩んでいる人、同じ機種やレンズを持っているが他人の作品に興味がある人に大別されると思う。
それぞれの立場の人に参考になるよう記事が書けたらと思う。

 

今回の使用機材は特記ない限りNEX-5TとEマウントレンズ(APS-Cサイズ限定)となっている。
書くのが面倒なので画像情報の詳細は原寸表示のファイルからExif情報を見てほしい。

2014年1月 福岡モーターショー2014

DSC00087.JPG

DSC00110.JPG

DSC00282.JPG

DSC00308.JPG

コンデジからミラーレス一眼に乗り換え、カメラのテクニックを全く学んでいない状態でとにかくバッテリーが切れるまでシャッターを切りまくった。
使用レンズはSELP1650というキットレンズしか所持しておらず、撮影方法もプレミアムオートを多用した。
早い話、だれでもこのカメラを買えばこのくらいは撮れるという見本。
この手のイベントにはコンパニオンが参加するため、写真写りの良いポーズを決めてくれるので適当に撮っても上手な写真が撮れた気分になる。
マリンメッセ福岡が会場だった。照明は十分明るいが、明暗の差は結構あったように思う。
パッと見、普通のコンデジと大差ないが、原寸表示したり、暗部ノイズ、発色の良さはこちらが上だと感じた。

2014年3月上旬
SELP1650の写りがいまいちパッとしないことから、交換レンズの購入を検討した。
もともとコンデジでは画質の劣化を抑えるために広角側を使っていたこともあり、画角の近いSEL20F28を購入した。

DSC00441.JPG

DSC00442.JPG

DSC00447.JPG

写真に精細さを感じることができるようになった。しかし、ボケは焦点距離20ミリではいまいちだった。

2014年3月下旬
SEL20F28の写りは悪くなかったが、ボケがうまく作れないことから、ネット上で評判の良かったSEL50F18を購入した。

DSC00613.JPG

強い背景ボケを得ることができた。
しかし、焦点距離50ミリでは75ミリ相当の画角となり、使い慣れていない画角であることから相当な使いにくさを感じた。
このころよりとにかく絞り優先モードを多用し、とにかく開放側で撮るようになっていた。

2014年6月 神社仏閣、菖蒲の撮影
友人もカメラに興味を持ち購入。あれこれ撮って腕を磨こうと競い始める。
このころより、カメラ撮影の参考書を読み始める。
使用レンズはSELP1650、SEL20F28、SEL50F18の3本体制となった。

DSC00725.JPG

DSC00739.JPG

DSC00803.JPG

DSC00815.JPG

DSC00869.JPG

DSC00899.JPG

DSC00905.JPG

交換レンズを持ち歩く大変さを感じ始めた時だった。
明らかにキットレンズより単焦点レンズの写りが良いと感じていた。
参考書にあったテクニックをいくつか試すことができた。
このころより、コンデジを使っていたころの自分にはカメラの知識が全くなかったのだと自覚させられる。

2014年6月下旬 渓谷の自然

DSC01146.JPG

DSC01166.JPG

今回は特に水の流れの表現を中心に練習した。
バルブ撮影で水の流れを柔らかく表現できた。
長時間露光の楽しさが分かった時だった。
同時にNDフィルターがないとこれ以上露光できないという限界も感じた。

2014年7月 動物園など
友人と動物園で撮影練習することとなり、手持ちのレンズでは対応できないことから望遠レンズの購入を検討した。
いくつか望遠に対応するレンズはあるものの、付け替えの手間が非常に面倒であることから、高倍率ズームレンズであるSEL18200LEを購入した。
型番末尾にLEが付くバージョンは写真用。付かないバージョンは主に動画用のレンズだ。
近所の公園で撮影練習をしたうえで、動物園の撮影に臨んだ。

DSC01220.JPG

DSC01236.JPG

DSC01825.JPG

DSC01895.JPG

DSC01977.JPG

この時はほぼSEL18200LEを使って撮影したと思う。
被写体が遠く小さいことも多く、また動物の一部を切り取って表現するためにも望遠レンズの必要性を強く認識できた時だった。
5倍ズームクラスのコンデジではズーム撮影は画質が落ちてとても使えたものではなかったが、このレンズを持ってからは認識ががらりと変わった。
また、高倍率ズームレンズは望遠域のみ対応のレンズと比較して画質が悪いといわれるが、比較対象を持たない自分からしてみると、キットレンズより十分いい写りをしていると感じており、写りに関する不満は全くなかった。
ただし、レンズが大きくなるため、このあたりからコンパクトさより写りの良さを重視するようになってきた。

2014年8月 花火大会
バルブ撮影の楽しさを経験したのであれば、花火大会の撮影も同じように楽しめる。
田舎の花火大会は人が多いといっても、そこそこ場所取りが可能だ。
三脚が持っていけそうな場合はぜひ挑戦する価値がある。

DSC02256.JPG

DSC02280.JPG

DSC02293.JPG

使用レンズはSEL18200LE、三脚を使用している。
会場に近かったこともあり、望遠は必要ではなかった。
マニュアルフォーカスを使用する必要があるが、ピント合わせは非常に困難だった。
花火撮影はセオリー通りの設定を中心に微調整するとよいので、田舎の花火大会は撮影のチャンスだ。

2014年8月 水族館
撮影難易度が高いとされる水族館。友人より誘われ撮影へ。

DSC02331.JPG

DSC02520.JPG

DSC02699.JPG

DSC02829.JPG

室内撮影はとにかく暗い。水と照明の関係もあってホワイトバランスも崩れてしまう。
アップロードしたのは撮って出しのJPEGだが、実際にはRAW現像を必要としたものが多かった。
明るい単焦点であるSEL50F18をメインと思っていたが、オートフォーカスが全然間に合わず全く役に立たなかった。
念のために持ってきたSEL20F28が高速オートフォーカスできる機構を備えているため、こちらでないと水槽内の撮影は全くできない状態となってしまった。
イルカのショーは屋外のため、望遠レンズのSEL18200LEで撮影した。こちらはフォーカス合わせとタイミング、シャッタースピードなどの要素が必要とされる。
屋内、屋外問わず水族館の撮影は非常に難易度が高いため、ある程度慣れてからの挑戦をお勧めしたい。

2014年10月 福岡オクトーバーフェスト2014
友人に誘われ、ビールのイベントへ参加。
ビールを楽しみながらテーブルフォトに挑戦。ほか物撮りも楽しんだ。

DSC02958.JPG

DSC02963.JPG

DSC02966.JPG

DSC02987.JPG

DSC02980.JPG

DSC02981.JPG

主にSEL18200LEを使った。このころよりSEL18200LEがあまりにも便利すぎて、これとSEL50F18の二つを持ち歩くことが増えた。
ほかのレンズも捨てがたいが、一つのレンズでほとんどの焦点距離をカバーできるメリットは計り知れない。
SEL18200LEは最大撮影倍率が0.27倍とそこそこ大きく写せるため、テーブルフォトにもある程度までは使える。
しかし、テーブルフォトにはマクロレンズが必要になるかも知れないと感じることは時々ある。
とりあえずSEL18200LEを持つことでシャッターチャンスを逃しにくくなった。
ファストハイブリッドAFには対応しているが、時々フォーカスを外すことがあり、もう一歩AFが早ければと思うこともあった。
ボケや構図を意識して撮影できるようになってきたが、テーブルフォトは自分の中ではまだまだだと思う。

2014年11月 紅葉
ドライブを兼ねて紅葉を撮りに出かける。
紅葉が終わりかけだったのと、撮影に適したポイントを事前に探せていなかったのが今後の改善ポイントだった。

DSC03109.JPG

なんでもない枯れかけの紅葉も、200ミリの望遠で撮影するといい画になった。
望遠レンズは遠くを撮るのに限らず、身近なものにインパクトを持たせるのに役立つことを覚えた。

2015年2月 お店と梅
軽スポーツグループとお出かけ。こちらもカメラ好きのメンバーがいるため、競って撮影。

DSC03381.JPG

DSC03440.JPG

テーブルフォトもあったのだが、いまいち見栄えせずアップロードは見送った。
人物撮影もしたのでSEL50F18とSEL18200LEを持って出かけた。
室内の物撮りはSEL50F18も使える。お酒を飾ったインテリアは単焦点レンズの開放でインパクトある画に仕上げた。
外では梅が咲いていたのでこれまた200ミリの望遠で撮影。
メンバーはスマホのカメラで撮影していたが、こちらの写りに全然違う!と驚きの声を上げていた。
久々にスマホの写真を見たが、ホワイトバランスや光学ズームなどの点でカメラの優位性を感じた。
アップしていないが、人物写真では単焦点50ミリは結構な威力を発揮した。しかし、開放ではピントを外したり、被写体ぶれすることも少なくなく、もう少し腕を磨く必要を感じた。

以上で、ここ1年間の公開可能な主だった撮影イベントは終了。
経験を積むにつれて外れ写真が減ったり、これという一枚の質が向上した。
レンズ選びの迷いが減ったり、撮れる対象が増えたりと着実に進化を感じた。
Eマウントレンズはフルサイズ対応が中心となり、今後のAPS-Cサイズはボディの更新となっていくと予想される。
いずれはフラッシュを購入してバウンス撮影したいがNEX-5Tはホットシュー対応ではないため、購入タイミングは遅くなるだろう。マクロレンズを買ってテーブルフォトを練習しようかと思案中だ。

レンズや撮影結果が参考になればと思う。

  
タグ:デジカメ
posted by SKY at 11:55| Comment(0) | デジカメ