2017年07月15日

【Amazon】Fire TV stickが5GHz帯のIEEE802.11aやIEEE802.11acにつながらない時の対処法【無線LANのチャンネル変更】

Amazon PrimeDayなどで格安で手に入るAmazonのFire TV stick。
映像サービスをインターネットを通じて利用するため、Wifiには5GHzの802.11ac/n/a対応の無線ルーターを使用している人も多いだろう。
私の環境は過去にAterm WR8750Nを利用し、現在はBuffalo WXR-1750DHP2を利用している。
上記機種はAtermが802.11n/a対応、Buffaloが802.11ac/n/a対応とどちらも5GHz対応機種だ。
AtermからBuffaloに変えたときに旧モデルのFire TV stickが5GHzにつながらなくなり、NewモデルのFire TV stickに変えてもつながらないので、調べてみることにした。

結論は、Fire TV stickが対応している5GHz帯には、チャンネルの制限があることがわかった。
チャンネルとは、5GHz帯の中でも混信しないようにある程度周波数を区切って通信する仕組みなのだが、ルーターが自動設定したチャンネル(周波数)がFire TV stickに対応していない5GHz帯のだったために、設定画面に5GHz対応のSSIDが表示されず、手動でSSIDを打ち込んでも接続できない状態になってしまう。

まずはAmazonの商品説明画面に掲載されている技術仕様の一部を見てほしい。

キャプチャ20170715.PNG

Wi-Fiの欄にあるように、「5GHz帯はW52の36,40,44,48の4チャンネルにのみ対応」と記載されている。
なので、ルーターの設定画面からチャンネル選択設定を上記数値のいずれかにするとよい。
どれがいいか迷ったらとりあえず「36」でよいと思うが、マンションなどで5GHzが混雑していそうなら、あえて他の数字を選択してもいいだろう。

多くのルーターの場合、無線LANのチャンネル設定は「詳細設定」や「アドバンスドモード」といった名称の、詳しい方以外は触らないような個所にあるため、マニュアルを確認してほしい。
また、チャンネル設定は2.4GHz帯と5GHz帯のそれぞれにあるため、間違えて2.4GHz帯の設定を変更しないよう注意してほしい。

無事設定ができれば、最適な設定で映像サービスを楽しめるはずだ。

posted by SKY at 10:51| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: