2017年05月31日

【UEFI】時々ASUSマザーで起動時にBIOS画面が出てきてしまう【POST Delay Time】

自作PCのトラブルは原則自分で解決しなければならない。
それが楽しみの一つでもあるが、時にストレスにもなってしまう。

今回、なかなか解決しなかったトラブルがおそらく解決したので、記録に残そうと思う。
現在の環境はこんな感じ。

ASUS H170 PRO GAMING
Intel Core i5 6600(Skylake)
16GB RAM
Crucial CT512MX100(Intel H170チップセット側SATAコネクタに接続、Firmware:MU02)
Windows10 Pro 64bit(UEFIブート環境)

困った現象というのは、電源ボタンを押下して通常のビープ音が鳴った後に、時々BIOS画面(UEFI画面)が表示されてしまい、Windowsが通常起動しないというもの。
厄介な点が、UEFIの設定画面になってしまう場合と、通常通り起動できる場合があり、電源を入れてみるまで正常に起動できるか分からない点が困りものだった。
UEFI画面が表示された後に、リセットボタンやCtrl+Alt+Delで再起動をかけると問題なく起動する。

結論から言えば、UEFI画面をAdvanced Modeにして、BootタブからBoot Configurationを選択し、その中にあるPOST Delay Timeの秒数を長くすると改善する。
具体的には6秒に設定すると問題なく起動できるようになった。
環境に応じて最適な値を探してほしい。ちなみに私の環境では3秒では問題が再発した。

IMG_3679.JPG

IMG_3678.JPG

いろいろと調べた結果を以下に記す。
Windowsが起動した後に電源メニューから再起動を選択した場合は問題なく再起動が行われる。
問題が発生するのは、電源メニューからシャットダウンを選択して電源が切れた後に、本体の電源ボタンを押下した場合であること。
問題のUEFI画面が表示された場合に、SATA接続のSMART情報などを表示させると、OSをインストールしたCrucial CT512MX100が検出されていない。

上記のような現象のため、UEFIの設定をいろいろと探ってみたが、結果は先に述べた通り、POSTまでの時間を長くしたら解決した。
Post Delay Time自体は、BIOS設定画面に入るまでの待ち時間を長くとるかどうかを設定するための項目のようだが、今回のトラブルシューティングの役に立ったようだ。
どうやらCrucial MX100シリーズのSSDは昨今の高速起動するマザーの場合に、マザーに認識される前にOSをブートする処理が始まってしまい、結果HDDやSSDなどのOSインストールパーティションが見つけられずにUEFI画面が表示されていたのだろうと原因を推測している。

今回の件で試して効果がなかった、あるいは原因として切り分けたものも念のため記載する。
・電源容量の不足…通常起動した場合に、高負荷の3Dゲームを長時間プレイしても異常がないため考えにくい。
・SATAケーブルの接触不良…何度も抜き差ししたが変わりなかった。
・SATA電源ケーブルの接触不良…同上。
・セキュアブートの設定ミス…互換性を向上させるモードも試したが変わらず。
・マザーボードの電池切れ…時計に狂いがなく、他の設定が消えたこともなく考えにくい。
・BIOS(UEFI)のバージョンアップ…1810でも設定次第では再現する。最近3401にしたが、上記設定をしたため未検証。
・BIOS(UEFI)の設定リセット…デフォルト設定の読み込み&保存を行っても再現した。
・BIOS(UEFI)のFast Bootの有効or無効…切り替えてみたが変化はなかった。

同様の現象に悩んでいる方の参考になればと思う。

【追記】
その後、BIOSバージョン3401でPOST Delay Time 6秒でも再発した。
発生頻度は下がった印象ではあるものの、完全ではないようだ。

 
posted by SKY at 23:11| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: