2016年06月07日

EZ Flash3によるASUS H170 PRO GAMINGのUEFI BIOSアップデート

マザーボードを購入したら、私はマザーボードのUEFI BIOSのアップデートを行うことにしている。
本来、不具合が生じていなければアップデートの必要性はないのだが、新しいCPUへの対応やシステムの安定性が向上する場合がある。

ASUS H170 PRO GAMINGというマザーボードを購入した。
電源投入後にDELキーを押すと、数年前に見かけたシンプルなBIOS画面とは打って変わり、グラフィカルなUEFIの画面が現れる。
事前にWindows上でASUSのホームページから最新BIOSをUSBメモリにダウンロードする。
ダウンロードされたZIPファイルを解凍し、BIOSファイル名.CAPという名称のファイルをUSBメモリ上に準備しておく。
USBメモリをUSB2.0ポートに接続し、電源を投入する。
UEFIのツールメニューからEZ Flash3を起動する。
ここでローカルに保存した上記BIOSファイルを指定することで、OSを起動することなくBIOSをアップデートできる。

作業中、特殊だったのは、一度BIOSファイルを読み込み、プログレスバーが最後まで到達し、再起動するメッセージが表示された後、もう一度EZ Flash3が起動し、再度同じBIOSファイルを読み込むよう指示されることだ。
旧来のOS上でのBIOSアップデートでは、一度書き込みが完了したらそれで終わりだったのだが、2度アップデート手順を踏むような形になるため、少々驚いた。
なお、2回目のBIOSファイル読み込み時はプログレスバーが半分もいかないうちに完了した旨のメッセージが表示され、更新作業は終了する。

なお、私は試していないが、EZ Flash3はOSを起動せずにインターネットに接続し、BIOSファイルの取得が可能なようだ。
こちらの方が手軽にアップデートできるかもしれない。

 
タグ:自作PC
posted by SKY at 22:39| Comment(0) | DIY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: