2013年11月25日

FTL:Faster Than Lightを攻略してみる(4)

攻略に関して、さらに気づいたことを補足。

ラスボス戦で右から二番目の砲塔が三連ロケットとなっている。
ここは乗員が一名しかおらず、どこにも逃げることができない離れ部屋になっている。
ここへマンティスやロックどちらか1名、もしくはヒューマン2名以上の戦闘力をテレポーターで送り込むと、乗員を倒した後に確実に三連ロケットを破壊してくれる。
ここを破壊するだけでも相当こちら側の耐久力が持つようになる。

同様に一番左のイオン兵器を破壊するとこちらのシールドの持ちがよくなり、レーザーやビームを防ぐことができるようになる。

注意すべき点は、こちらの攻撃をテレポーターで送り込んだ乗員に当てないことと、乗員を送り込んだまま敵を倒してしまわないことだ。
攻撃を当てると死んでしまうことがあるし、敵を倒してしまうと乗員を単純に失ってしまう。
次の戦闘時に敵に乗り込んだ状態からスタートするとかそういう恵まれた事態にはならないので注意しよう。
タグ:FTL
posted by SKY at 23:19| Comment(0) | ゲーム

2013年11月17日

FTL:Faster Than Lightを攻略してみる(3)

なんとかKestrel CruiserでEasy難易度をクリアすることができた。
攻略に関してやったことをまとめておく。

FTLGame_2013-11-14_22-41-42-02.jpg

FTLGame_2013-11-14_22-42-03-96.jpg

多分に運の要素が絡むので、序盤でクルーを失ったり、戦闘での稼ぎが十分でない場合は再スタートも考えてよい。
序盤のうちにシールドをレベル2まで上げておくと比較的楽という印象。
拾った武器によってその後の対応がかなり異なる。

イオン武器を手に入れたら最初から持っているBurst Laser2との組み合わせで敵のシールドか武器を破壊するとよい。
可能なら敵の酸素供給を断って、窒息死を狙うか、イオン兵器でシールドを弱らせ、武器をちびちび痛めつけて修理に来た敵のクルーを痛めつけて、テレポーターで倒すなどするとよい。
つまるところ、敵の船を破壊せずに倒した方がスクラップを大量に得ることができ、後半に有利になる。

ミサイルやボムといった実弾兵器を手に入れた場合、弾を切らさないように進める必要があるが、どうしても費用が掛かってしまうため、被弾しない程度に節約を考えなければならない。

リスキーな選択肢はとにかく避けよう。宇宙蜘蛛や遭難船の救助など、場合によっては自分たちのクルーが帰らぬ人になってしまうので安全な選択肢を選ぼう。

ラスボスとの戦闘ではいろんな攻め方がある。
ネタバレしてしまうと、ラスボスとは3回の戦闘に勝利しなければならない。
初回は敵はフル装備状態になっている。特にクロークを装備している点が特徴となる。
こちらもクロークを持っていればよいが、無ければ若干不利になる。敵の攻撃が多彩なため、ディフェンスのドローンは持っておいた方がよい。可能ならAnti Shipのドローンも使用すべきだろう。
個人的には敵のコクピットを重点的に狙ってダメージを稼ぐ方がよいと思う。
実弾兵器などが当たるなら敵の武器を狙うことで敵のクルーも減らせるという効果も狙える。

2回目は左側が無くなっており、クローク能力を失っている。
ただし、ドローン攻撃が強化されており、時折ドローンのラッシュを撃ってくる。
早めにドローン装置を破壊するか回避とシールドを上げてしのぐしかない。
敵のドローンを減らすだけでも戦闘は楽になるはずだ。

3回目は両側が無くなり、船体の中央が残った状態になる。
耐久力のあるシールドと、時折大量のレーザーを発射してくる。
敵もやけになったのか、テレポーターで捨て身の攻撃を仕掛けてくる。
船内のドアを強化しておき、窒息ダメージを稼いで戦闘に臨むべきだろう。
ここまでくればとにかくコクピットを狙っていけばダメージでゴリ押しできると思う。

自分なりの攻略でしかないが、いろいろ試してみるとよい。

ちなみに、この手のゲームではあまり褒められた手法ではないが、死んだら消えてしまうセーブデータを保存しておくという方法もある。
ラストステージに入った辺りでセーブデータを別の場所にコピーしておき、死んだらもとに戻してコンティニューすることで消えないセーブとして利用できる。
ラスボスとの戦闘は困難を極めるため、慣れるまではこの手法で練習してみるのもありかもしれない。

ボスを倒すとFederation Cruiserが手に入る。新しい機体を手に入れてしばらく遊んでみるのもいいだろう。
タグ:FTL
posted by SKY at 22:58| Comment(0) | ゲーム

2013年11月15日

FTL:Faster Than Lightを攻略してみる(2)

今回はFTL:Faster Than Lightの攻略に向けて役に立ちそうなことをいくつか書いていこうと思う。

防御に関して、ミサイル弾薬を使う実弾兵器はシールドを貫通してくるので、敵がミサイルを装備していることが目視できればエネルギーをエンジンに回して回避を狙う。逆にレーザーやビームしかなければ回避よりもシールドで防ぐようにエネルギー配分を割り振ってもよい。
兵装システムやシールド、エンジンを強化しておくと、敵の攻撃を受けても即座に全機能が停止しなくなるため、耐久力アップを狙って強化することも検討する。
火災や敵兵の侵入時は無酸素状態を有効に使うと対応が楽になる。

攻撃に関して、敵のシールドが厚い場合は兵器のクールダウンが終わっていても、複数の兵器で一斉に攻撃した方が船体にダメージを与えられる。イオン兵器の場合はシールドがあっても機能低下の効果がある。
敵の船員は壊れた部分を修理しようとする。壊れた部分を狙い続けた方が船体にも船員にもダメージを与えられる。
敵のコックピットを狙うと相手が逃げ出すのを止められるし、回避率が下がるためこちらの攻撃がよく命中するようになる。
こちらがMantisなど戦闘の得意な種族を持っており、相手が戦闘が苦手なEngiやZoltanの場合はテレポーターで乗り込むと有利になる。

資源について、スクラップは100以上手元に残しておくとよい。その方が買い物時に効果的な装備を買いそびれる機会を減らす。
敵が戦闘時に賄賂を使って逃げようとするときがあるが、条件が良いときと悪いときがある。良い条件と思えばもらった方がよい。
戦闘でもらえる報酬は敵船を破壊するより、船員を全滅させる方が多くもらえる。テレポーターで乗り込むか、船員を狙い撃ちするか、酸欠状態を利用して倒す方法がある。

アップグレードについて、序盤はシールドを強化しておくとダメージを受けにくく、修理費がかからない。
シールドがレベル2あるなら、隕石群に突入した時は、戦闘後に放置しておくと隕石を防いでシールド担当の船員のレベルを簡単に上げられる。

マップ探索について、一度訪れたところは二度訪れる必要はない。効率的に探索するには一筆書きできるルートを目指して進む。
星雲(紫色の雲に覆われたエリア)を進んでいるときはRebelの追跡が遅くなる。そのため、たくさんのエリアを回ることができる。

他にもまだまだあるかもしれないが、こういうのを自分なりに探すのも一つの楽しみかもしれない。
タグ:FTL
posted by SKY at 00:38| Comment(0) | ゲーム